導入事例

EVER BREW株式会社様

「ネット予約『TableCheck』では詳細な受付時間の設定もできるため、他社システム利用時に課題だった遅い時間帯の予約が約2倍に増えました」

Who is EVERBREW?

最大40種の樽生ベルギービールを楽しめる『デリリウムカフェ』をはじめ、16店舗のベルギービール業態を展開するEVER BREW株式会社。「攻めの予約獲得」を目指し他社予約システムからTableSolutionに切り替えた背景とその効果を、同社取締役の古城戸氏に伺いました。

ただの予約台帳から、攻めの予約システムへ

もともとは、他社の予約管理システムを利用していました。しかしそのシステムは、予約帳の域を出ないものでした。私たちが求めていたのは、予約をしっかり管理できるだけではなくて、「積極的に予約を取っていく」という攻めの予約管理システム。そこで、TableSolutionへの切り替えを決断しました。

実際にお客様になったつもりでネット予約を使ってみたところ、予約完了までの流れがとてもスムーズで予約がとりやすかったんです。これならお客様にも使いやすいと思っていただき、予約が増えるのではないかと感じました。利用している仕組みが「変わる」ということにお店のスタッフからの多少の反発はあったものの、 実際の移行は、特に苦労やトラブルもなくスムーズに進行、うまく切り替えができましたね。

午後8時半以降の予約が約2倍に

TableSolutionではネット予約のルールとして細かな受付時間の設定もできます。早い時間帯で空席がなかった場合にも、お客様にネット予約上で遅めの時間の提案を行えることで、それまで課題だった遅めの時間帯の予約が約2倍に増えました。TableSolutioのネット予約であれば、電話予約の際にスタッフが自然と行っている“お店が理想とする配席”をネット予約上でも再現できるんです

また、時期によってテーブルのレイアウトが変わる店舗もあるのですが、過去の予約システムでは、レイアウトそのものだけでなく、それぞれのレイアウトに応じた独自の予約受付ルールをネット予約で再現することができていませんでした。TableSolution導入後は、テーブルの接続パターン(※1)や予約配分(※2)の設定が可能なため、時期を選ばず10名以上の大人数でもネット予約で受け付けられるようになりました。その結果、団体予約も増えましたね。

TableSolutionの多言語機能を利用して、今後はインバウンドからの予約にも力を入れ、 海外のお客様も取り込んでいきたいと考えています。「攻め」の姿勢で突き進むためにも、さらなるTableSolutionの有効活用手段を検討しているところです。

※1 接続パターン:複数のテーブルを接続して予約を取るための機能で、最少人数や最低人数等の設定が可能。
※2 予約配分配分:各時間帯ごとに予約可能な組数や人数を設定できる機能

ご活用いただいている機能

ネット予約「TableCheck」

  • お客様に分かりやすい予約ページでネット予約が2倍に
  • お客様の希望時間帯に空席がない場合は系列店を代替提案
  • 時期や時間に応じてプランの詳細な販売設定が可能

多言語対応

  • 多言語対応のネット予約で外国人ゲストも安心
  • お客様の利用端末の設定言語に合わせて自動で言語対応

店舗ごとの柔軟設定

  • テーブルの接続ルールや時間帯毎の組数制限で攻めながら守る予約
  • 時期や時間帯に応じて変化するレイアウトをそれぞれ設定可能
  • 予約の閲覧画面を店舗オペレーションに合わせて柔軟に選択
機能概要
取締役/デリリウム・カフェ銀座 古城戸氏

取締役/デリリウム・カフェ銀座 古城戸氏

お問合せ

【読む】

お問合せありがとうございました

内容を確認させて頂き、担当者からご連絡を差し上げますので今しばらくお待ちください。 なお、お問合せ内容によっては返信に時間がかかる場合や、回答しかねる場合がございます。 予めご了承ください。