TableSolutionTableSolution
機能
効率的な予約受付リピーターを生む顧客管理効果的なドタキャン対策直感的な予約管理活かせるデータ活用飲食店のキャッシュレス
お知らせ
JA
ログイン
TableSolution
ログイン
プレスリリース

第3回 飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査

無断キャンセル理由トップは「とりあえず予約」 。20~30代のグルメサイト予約、高い無断キャンセル率

Hero Banner

無断キャンセル理由トップは「とりあえず予約」。20~30代のグルメサイト予約、高い無断キャンセル率

飲食店に予約・顧客管理システムの開発・提供等を行う株式会社TableCheck(本社:東京都中央区、代表取締 役社長:谷口 優、以下、テーブルチェック)は、20~60代の男女1,112名を対象に、「飲食店の無断キャンセ ルに関する消費者意識調査」を実施しましたので、調査結果をお知らせいたします。

■「無断キャンセル」とは

予約をしていたにも関わらず、その日時になっても店に連絡なく、または店の連絡を無視して来店しないこと、ノーショー(No show)とも呼ばれる。経済産業省が2018年11月に発表した「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」によると、無断キャンセルによる年間損害額は2,000億円とされ、飲食業界喫緊の課題として対策の必要性が高まっている。

 

■調査概要

  • 調査名 :飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査

  • 調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年11月16日~17日

  • 調査対象:全国の20~60代の男女1,112名 (男性557名、女性555名)

  • 本リリースに関する内容をご掲載の際は、必ず「テーブルチェック調べ」と明記してください。

 

■サマリー

  1. 無断キャンセルの理由トップは「場所確保のためにとりあえず予約」。 予約確認連絡や各種対策サービス利用など防止への取り組み急務

     

  2. 無断キャンセル時の予約手段「グルメサイト予約」が最多。 特にグルメサイト利用率の高い20~30代で、無断キャンセル率も上昇

     

  3. 7割超がキャンセル料支払いを妥当と回答。 一年前よりもキャンセル料支払いへの理解広まる

     

  4. 予約手段「電話予約」が12%減。飲食店予約のネット化過渡期。 ツールの多様化、利便性向上がネット予約化後押し

 

◎詳しい調査内容・結果については、以下リンク内をご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000023564.html

本件に関するお問い合わせ

株式会社TableCheck 広報担当

〒112-0061 東京都中央区銀座2‐14‐5 第27中央ビル6F(東京本社)

TEL : 03-5565-0112 / FAX : 03-5565-0118 / MAIL:pr-jp@tablecheck.com

Facebook:TableCheck


------------------------------------------------

ドタキャン・無断キャンセル対策なら「TableSolution」
利用満足度No.1飲食店予約管理システム
https://www.tablesolution.com/

------------------------------------------------

WRITTEN BY

埼玉県出身。神田外語学院英語専攻科卒業後、ホテル椿山荘東京(旧・フォーシーズンズホテル椿山荘)へ入社。 10年超にわたり和洋レストランでの現場経験を積み、サービスコンクール等での優勝実績を持つ。2016年に入社し現在は広報を担当。日本ソムリエ協会認定 ソムリエ。趣味は映画鑑賞と柔術。

前へ
UAEオフィス新設のお知らせ

プレスリリース

データ分析ツール「Insight」提供開始

もっと見る

START USING TABLESOLUTION TODAY

TableSolutionでお店の予約顧客管理に革新を。まずはお気軽にご相談ください。

サービス
機能効果導入事例・ブログお知らせサポート
お問い合わせ
Follow Us